天才卓球少年”松島輝空君”の父「松島卓司さん」に独占インタビュー

松島 卓司 -プロフィール-

日本リーグ優勝経験・全日本実業団優勝の経歴をもつ元卓球選手。同じ経歴をもつ元卓球選手の松島由美さんと結婚。夫婦で天才卓球少年と称される長男「松島輝空君」を指導し、オリンピック優勝を目指している。また、選手育成のために卓球コーチとしても活躍中。

経歴

東山高校⇒中央大学⇒岐阜信用金庫⇒㈱グランプリ ⇒田阪卓球会館(田阪卓研)

・日本リーグ 優勝  ・全日本実業団 優勝  ・全日本クラブ選手権
・4年連続2位  ・全日本混合ダブルス 3位  ・全日本社会人シングルス 6位
・全日本社会人ダブルス 5位

幼い頃から数々の記録を打ち立てていく将来有望とされる、いわゆる「天才アスリートたち」。彼らの親はどのようにしてわが子の才能を見出し、開花させていったのでしょうか。

今回、天才卓球少年として注目されている松島輝空選手の親であり、コーチでもある「松島卓司さん」の取材を通してわかったことは、子育ておいて”最も重要なこと”でした。

では、どのような教育方針でここまで将来有望な選手を育てあげたのか。また、子供の成長で悩むことはないのか、など、天才アスリートを育てる子育て術を学びたいと思います。

読者の方の中には、将来一流のアスリートとして活躍してほしいと願っている親御さんも多いはずです。今回のこのインタビューを通じて子育ての共通点が見つかれば、今後わが子に対する接し方もより良いものになるのではないでしょうか。

インタビューしてる写真

1 子育てに対するモットーは何ですか?教育に対する理論や、子供に向き合う姿勢などを教えてください。

(頑張らせるのではない…)子どもと一緒に頑張ってます。一度決めたことは、最後までやり通します。

2 日常生活の中で子供の成長に対する取り組み、または意識的に実践していることがあれば教えてください。

褒める時は、とことん褒めるようにしてます。褒めると叱るをしっかり区別することを念頭に、指導してます。

3子供の成長に対する悩みはありますか?幼児期(生後から幼稚園や保育園時代)、小学生時代、現在抱えている悩みなどを教えてください。

幼児期では、周りの子供達が遊んでる姿を見ると、ソラも遊びたいだろうに…と思い葛藤していました。ソラは、練習しなければいけない環境に、少し可哀想だとも思っていました。小学生になり、強くなればなるほど、遠征や大会が増えてきて、その中で、勉強もしなければいけない…。指導者としての立場と親としての立場の区別が難しい。

インタビューしてる写真2

4 学校の給食や家での食事など、好き嫌いや偏食なく残さず食べていますか?食べる工夫や、食べない場合の対処法もあれば教えてください。

『何を食べるか?ではなく、何のために食べるのか?』が大切だと思ってます。ですから、好き嫌いなく食べてくれてます。海外の試合の時に(将来を考えて)、食べられない(偏食)を無くすことを考えてのことです。

5松島君が卓球を始めたきっかけは?ラケットを握った年齢なども教えてください。

結婚した時点で、卓球をさせることを由美(妻)と二人で決めていました。ガラガラの代わりに、生まれてすぐに、ラケットは握らせてました(笑)。ラリーができるようになり、卓球を本格的に始めようと思ったのは、二歳5ヶ月です。

インタビューしてる写真2松島ソラ君が2歳でラリーが出来るようになった当時の様子

ソラくんが卓球してる様子1

ソラくんが卓球してる様子2

6 子供がスポーツを継続していく上で何が重要だと考えますか?

気持ちと体。強くなりたいと思う気持ちと、毎日元気に練習できる体作り。後者は、せのびーるに出会い、風邪などの病気になることなく、毎日卓球の練習ができています。

7 オリンピックで活躍する男子卓球選手の平均身長は170cm~180cmです。ヨーロッパの選手は180cmを超える方が多いですが、やはり身長の伸びは意識されていますか?

身長は、意識してます。身長イコール競技レベルだと思います。現代卓球の競技レベルだと、身長の有利さを非常に痛感してます。

8 スポーツを教える上で最も大切にしていることを教えてください。(スポーツ教育に関する考え方など)

一度決めたことは、最後までやり通す。指導者も選手も、あきらめないでやり遂げる。彼ら将来に、きっと役に立つことですから。

インタビューしてる写真2

9 夫婦間で子供の成長について話合う機会は多いですか?スポーツ教育を含め、子育てをしていく上で大切な夫婦間の関係や、協力する姿勢について教えてください。

妻の影の支えがないと、ここまでの戦績は出ていないでしょう。卓球という共通話題が、夫婦円満の秘訣です。また、夫婦で一緒の目標(オリンピック優勝)が、強い絆になっていると感じます。

10毎日の子育てやスポーツ教育など、わが子の成長に向き合う親御さんにアドバイス、または応援のメッセージを一言お願いします。

子供は、常に親を見ています。子供にはじないよう、先ずは自分を律することが指導より、子育てより大切なことだと思います。そして、『子供を信じること』だと感じています。

インタビューを終えてわかったこと

インタビューを終えて特に強く感じたこと、それは子供のことをどこまでも信じる”親の愛情”でした。今回の回答内容すべてに愛情が感じられるはずです。

ここまで真摯に子供の成長と向き合いながら日々を過ごし、指導者として立場、親としての立場という葛藤を抱えながら決して諦めずに前を向いて進んでいく、ここに松島親子の絆と強さが隠されているのだと感じました。

また、そこには夫婦の強い絆が存在し、子育てが「夫婦の共同作業」であることもよくわかりました。

世界を目指す天才アスリートを育てあげる親は、何か特別な能力をもっているのかと勘違いされがちです。

確かに松島君の両親は卓球選手であり、アスリートです。しかし、子育てに関しては私を含め、読者のみなさんと同じ”親”です。

特別なことは何もなく、毎日子供と真剣に毎日向き合うことによって家族の絆が生まれ、迷うことなく同じ目標に向かって邁進できるのだと感じます。それが”家族で成長する”という全ての家庭に共通する目標ではないでしょうか。

“子供ととことん信じて向き合う”

一見できているようで忘れがちなこの親子関係は、今の情報化社会の中で失われつつある家族の本当の姿なのかもしれません。

卓球が一つのスポーツという認識ではなく、松島親子の絆を強くする一つの存在であり、目標だと感じました。

※松島輝空選手が愛用中の身長サプリ「せのびーる」は、当サイトの身長サプリ全評価一覧の中で推奨している商品です。当サイトの基準で評価した"せのびーるの詳しいレビューはこちら"で確認できます。